七峯の丘から

御例祭前夜 [平成29年10月12日]
 只今、23時48分であります。あと6時間ほどで大神輿が倉からお出ましとなります。しかしながら、社務所内では未だ準備の真っ最中。どうにかこうにか、あと1時間で床につけるよう奮起しております。
 現在の社務所は宮司以下神職、来賓筆頭の堀田様、そして氏子総代や世話人の奉持する手丸提灯が所狭しと並んでおり、そこを縫っての作業となっております。
 外は予報より早めに雨粒が落ちてきました。なんでも秋雨前線が北から南下しているそうで、御例祭3日間とも曇り時々雨、もしくはその反対だそう。御例祭に晴れマークが付かないのは何年ぶりだろう。宮司としては記憶がありません。せめて曇り時々雨になって下さい、お願いします。
 御例祭前夜には並木町の皆さんが社参されます。今年も片岡祭礼委員長始め多くのお詣りがありました。
 並木町は御神酒所の復興に向けて進んでおります。今年は舞台を組んでの居囃子と町内神輿の渡御となりますが、その舞台に麻賀多様の大神輿を御神酒所と同じように掛ける予定です。
 七峯を書いている内に準備も整ったようです。さあ、湯浴みをして床に入ることと致しましょう。皆さん暫しおやすみなさいませ。

提灯整列中

並木町社参