七峯の丘から

餌やりはしないで [平成29年11月11日]
 南風の強い朝となりました。昨日半日掛けて境内掃除をしたのですが、また葉が散れておりますね。それはそれで綺麗ですが。
 今日は新町通りでは佐倉時代まつりが行なわれており、佐倉囃子の聞こえてきております。やはりお囃子を聞くと気分がウキウキします。
 さて、境内を住みかにしている野良猫の母ニャンとスルメ。今日も七五三詣の子供達に大人気でこねくり回されております。記念写真にもちゃっかりと写っていたりと、猫なりに楽しんでいるようです。
 なのですがここ数日、境内で禁止している餌やりの後があちこちで見受けられるようになってしまいました。
 野良猫というのは自分で餌をとり生活をしています。それが過剰な餌を食べると体調を崩し、場合によっては死に至ることもあるのです。
 境内には餌やり禁止の注意書きを出していますが、早朝にその注意書きの前に餌を置くという神経はどうなんでしょうか。いかれているとしか思えません。
 自己満足で野良猫に餌をあげるのは迷惑であり犯罪です。一番迷惑が掛かるのは猫たちだと言う事を真剣に考えて欲しいです。

案内係の母ニャン