七峯の丘から

新年のご挨拶回り [平成30年1月9日]
 大晦日から昨日の成人の日まで、怒濤の9日間を納めました。大過なく順調に進めましたのも麻賀多大神様の御神徳を頂き、職員一同が励んでくれたものとありがたく思います。
 今日が仕事始めの会社もありまして、午前中はそのお祓いが続きました。また神社近くの高級老人ホームの皆さんが恒例の初詣参拝などもあり、平日ですが賑やかな境内でした。
 それが一段落したところで、宮司は堀田様と責任役員宅へ新年のご挨拶回りへ出発。
 堀田様宅では仏間へご案内頂き歴代様に参拝。その後御当主の堀田正典様と暫し歓談をさせて頂きました。
 その際、バラに関する季刊誌を頂戴しました。この本は年4回発行で、今年は佐倉市の「草ぶえの丘 バラ園」を一年掛けて掲載するそうで、その先駆けとして堀田家に伝わる「ミステリーローズ」が紹介されました。
 このバラは佐倉堀田家第11代当主の堀田正恒公が洋行帰りの際に持ち帰ったものとされ、現在は堀田様宅と奥の御墓所入り口に植えられています。
 しかし残念なことに、この話が広がるにつけ、植えられているバラが切り取られるという事態が発生しているそうです。
 神社の境内でも時折見受けられますが、勝手に持っていくのは泥棒です。今堀田様のバラが余所で咲いているとすれば、それは持ち去られたものを接ぎ木したものなのです。
 さて、責任役員宅への挨拶回りも完了しお宮へ戻りました。そこに待ち構えていたのは節分祭案内状の往復葉書の山。
 これだけだと問題はないのですが、昨年郵便料金が改定されたので、往復葉書につき2枚の10円切手を貼らなきゃならないのです。
 夕方までにどうにか済ませて、今日中に投函します!