七峯の丘から

塩むすび美味しい! [平成30年4月15日]
 今年の春の常套句は開花の早さと強風でしょうか。昨夜からの風ですが元気なのは鯉のぼりくらいで、人や植物は本当にまいってしまいますね。
 毎月の朔日と15日は神の日ですのお参りも多く、今日は日曜日にも重なったので御祈祷も結構入っていたのですが、キャンセルはないにしろ、皆さん予約の時間からズレズレで御殿の案内には苦心しました。
 そんななか宮司と智勇権禰宜は外回りのお祓いに出向。お陰様でいずれも室内での祭典でしたので運転に注意すれば物が飛んでいく心配はありませんでした・笑
 祭典の時間が微妙に近くお昼を挟んでいたので、塩むすびを2つずつと卵焼きにウィンナーという、少し懐かしい感じのお弁当を持って出掛けました。
 宮司家のお米は全てお供え物のお下がりです。それを言うと今日使ったお塩もそうですね。神様のお下がりを頂けるというのは本当にありがたいことです。
 印旛沼近くに車を駐め、智勇権禰宜と四方山話をしながら食べる塩むすびは、やはり美味しいですね。段々とこういう機会も少なくなってくるんでしょう。
 役目がら普段より会食が多いですが、シンプルに味わいが広がる塩むすびは大好きです。
 う〜ん、お弁当持ってどこかお出かけしたくなりました(^_^)

風をはらんで元気に泳ぐ!

お手ふきは鉄分たっぷり・笑