七峯の丘から

鏑木青年会忘年会 [平成30年12月1日]
 10月からこの方、身辺にいろんな事がありすぎてあっという間に師走を迎えました。
 昨日の事故の影響でしょう、身体のあちこちがまるで助けを呼んでいるように語りかけてきます。
 貰い事故とは言え、自身の身体と産み育ててくれた両親に本当に申し訳なく思っています。
 師走のおついたち。月次祭を齋行し玉体の御安寧と氏子崇敬者各位の平穏を祈願致しました。
 今日から年神様の頒布と師走大祓の人形受付が開始となります。年末年始の慌ただしさが身に染みて感じられる始まりでもあります。
 今週頭から既に忘年会月間が始まっており、今夜は鏑木青年会役員の集まりが二番町の房州屋で開催されました。
 今年の御例祭の渡御をもって青年会大世話役五年目の2名が卒業となります。
 卒業時には宮司より記念品として提灯を贈呈する習わしがあり、今夜お二人にお渡ししました。
 通常、忘年会の話題はお祭のことが多いのですが、昨日の今日の事がありましたので、もっぱらそちらのことで盛り上がりました・苦笑
 正式な卒業式は来年3月。そちらの算段も出来ましたので、卒業撤回になるくらいの勢いで盛り上げたく思います。
 
そして忘年会は続くのです。