七峯の丘から

11年振りの寿々木 [平成30年12月4日]
 宮司が遭遇した交通事故につき、各方面よりお見舞いのご連絡を頂戴しまして、誠にありがとうございます。
 外傷は有りませんが、やはり頚椎捻挫という所謂むち打ちの症状がありまして、午前中は蝸牛の如くでございます。全快向けてしっかりとリハビリをしてまいりますので、今暫くお見守りを頂きたく存じます。
 とは言うものの、季節柄忘年会などの酒席が続いておりまして、日が暮れると調子も良くなるもんですから、過分にならない程度でオササも頂いております。
 今夜は千葉県神道青年会の忘年会が同会市原支部担当で市原市八幡の割烹「寿々木」で開催されました。
 県内は11支部で構成されており、当然11年に一度当番が回ってきます。
 市原支部は前回も寿々木で開催しており、宮司はその当時会長を仰せつかっておりました。今日はその話も出て、とても懐かしく嬉しく思った次第です。
 今日は顧問として参加。中締めの挨拶をさせて頂きましたが、思いが募ると少し話が長くなってしまうのがいけませんね。
 来年度は創立70年を迎えることから、50・55・60・65周年記念大会に携わったことを踏まえて、特に協賛金の貰い方を中心にお話ししました・笑
 同会の会員としては来年3月で卒業です。そこからは口は出さずに金を出す良い先輩として関わって参りたいと考えております。
確約はしませんが・・・

さざえの壺焼き、これしか撮ってなかった