七峯の丘から

神青協一都七県協議会顧問会 [平成31年2月5日]
 東京と関東地区の青年神職で構成している神青協一都七県協議会の顧問会と新年会が永田町の日枝神社で開催され、宮司が出席して参りました。
 顧問会に先立ち日枝神社の宮西宮司が斎主を、協議会所属の8単位会の会長が祭員を務め皇室御安寧祈願祭が齋行。
 御代替わりの今年、皇室の弥栄と天皇陛下を頂く我が国の繁栄を祈願しました。
 日枝神社には毎年6月の例大祭に参列しておりますが、上拝殿に昇殿しての玉串奉奠は思い出すに智勇権禰宜が禰宜のお腹にいたときの安産祈願以来と、なんとも感慨深いものがありました。
 祭典後は顧問会が行なわれ、年度内事業の説明や今後の予定などの説明を受けました。
 新年会には宮西宮司も参加して頂き、約80名からの賑やかな会となりました。
 宮司も役目として乾杯の発声をすることになり、いつの間にそんな歳になったのかと・笑
 今年3月には親会である神道青年全国協議会の最大事業である中央研修会が関東地区主管・東京地区協力で茨城県神道青年会が担当します。
 宮司が千葉県の会長として幕張で開催してより約10年振りに関東の地で開催となります。
 8単位会一致団結して成功に導くべく、杯はさらに交わされたのでした。