七峯の丘から

今年初の公休と視察 [平成31年2月7日]
昨年秋の御例祭からこのかた、節分祭も収めて大きな祭典と行事がひと段落しました。
ホッと一息、気が抜けると共に禰宜を始めとする職員に感謝です。支えてくれて本当にありがとう。
さて、まだまだ体調の波がある宮司ですが今日明日と公休を頂き、禰宜と共に神奈川県は西の端っこの湯河原に来ております。湯河原は文字通り温泉街で古くから文豪墨客に愛されてきました。
今はひなびた温泉街のイメージがありますが、色々な泉質の源泉があるなど、身体のメンテナンスには良いところです。
宿に到着してすぐに入浴。心身共にリラックスをする事が出来ましたら。
勿論、ただ温泉に入りに来たわけではなく、途中の横浜中華街に寄り春節の人の出や通りの装飾なども参考に値するものが多いんですよ。
ヒントはどこに転がっているかわかりません。一つの考えや見方に凝り固まることのない様、これからも見聞を広めたく思います。
ちなみに宮司の風邪がぶり返し気味なので、昼餉は四川料理のマーラー、要するに唐辛子の辛味と山椒の痺れを注入してきました(#^.^#)