七峯の丘から

秋祭り実行委員会総会 [令和1年6月9日]
 気付けば6月も第二日曜日なんですね。先週は飛び回っておりましたので、一度も袴を着ける機会がありませんでしたが、今日は久々に白衣袴姿になりました。
 とは言っても、通常の紫袴ではなく葬祭関係で着ける鈍色の袴。外祭で三年祭の奉仕があり、船橋の霊園まで出向してまいりました。
 さて、夕刻からは佐倉の秋祭り実行委員会の令和元年度定期総会がJR佐倉駅南口のホテルリッチタイムで開催されました。
 来賓としてこの4月に行なわれた佐倉市長選挙で初当選をした西田三十五市長もお越しになりました。
 今年の各町内会の傾向として祭礼委員長の変更が見られます。世代交代というか育ててきた次期にバトンタッチをするというか、長年お顔を見て来た方の引退というのは一抹の寂しさも覚えますが、新体制へのスムーズな移行へ尽力されている姿に感動もするのです。
 総会後の懇親会では各町内の要望など貴重な意見を沢山聞くことが出来ます。
 その中で佐倉の玄関口であるJR佐倉駅がある表町、通称「停車場」より駅前ロータ付近の提灯装飾や幾町内かでの総踊りの提案がありました。
 宮司の隣席が西田市長だったので、早速担当部署と打ち合わせと協議を持つことが決まりました。このスピード感、さすがです!
 10月の御例祭までまだ長いと思いつつ、数えてみると4ヶ月しか有りません。神社としても諸準備に掛かり始めますよ!!

佐倉の秋祭り実行委員会HP(まだ昨年度版です)
http://www.sakura-maturi.jp/

西田市長と安川事務局長