七峯の丘から

桃のデニッシュ [令和1年7月10日]
 段々と夏が近づいてきましたね。今朝、生き狛犬の珠京と氏子町パトロールなる散歩に出掛けようとしたとき、境内からアブラゼミの様な鳴き声が聞こえました。
 厳密にはアブラゼミではないかも知れませんが、鳴き声はまさしく蝉。今年初鳴きと言ったところでしょうか。
 神様のお世話係である私達はお供え物でいち早く季節を感じることが出来ます。
 先だって7日に齋行した上勝田八坂神社の祇園祭では夏野菜がわんさかと御供えに上がりました。
 当地は畑作と稲作が盛んなので、スルメ昆布以外はほぼ地元の上勝田産。八坂様もさぞお喜びになったことでしょう。
 さて、当社の生き狛犬4匹(ブラタン)の中である程度遠くまで散歩に行けるのは明日1才の誕生日を迎える珠京。
 宮司がリハビリに整骨院へ行く際などしっかりお供をしてくれ、帰り道はそのまま散歩になるもんですから体つきがかなり筋肉質になりました。
 一般にイメージするホワッとしたチワワとはかなり違う感じ。言い換えると結構男前です・笑
 上記のように今日も午前中に氏子町パトロールに出掛けまして、リハビリがないので足をJR佐倉駅方面に向けました。
 JR方面には時折出向きますが、今日はちょっとした理由がございました。
 今年3月5日にJR佐倉駅北口にオープンした「ブーランジュリーセット」。評判も上々でお客さんも多いとか。宮司家でもコンスタントにお店に伺っています。
 定番のクロワッサンやフランスパンの美味しさもさることながら、ちょっとした食事にいい創作パンも増えてきました。
 今朝、お店のInstagramに「桃のデニッシュ」が今日から販売する由がアップされていて、先日も禰宜がお店でオーナーからその話を聞いていたので、これは!と珠京と一緒に行ってきました。
 お店に入るなりショーケースにある桃のタルトが目に入ります。オーナーがいたので、桃のタルトを買いに来たと告げたところ、「インスタ見てくれましたか!?」と・笑
 宮司家と職員分の計5個を購入。足取りも軽やかに神社へ戻ってきました。
 詳しい味の論評は致しません。詳しく書いちゃうと実際に食べたときの感動が薄れてしまいますからね。
 敢えて一つだけ書くとするなら、また買いに行こうというお味と食感です。
 生の桃を白ワインに一昼夜浸す。缶詰ではありませんよ、生の桃ですよ。今は山梨県産の桃で、夏に向かって使う桃の産地も変わってくるそうです。
 なので数量限定。天候によっては作れない日も有るかもしれません。
 お近くの際には是非立ち寄ってみては如何でしょうか。勿論、定番も創作パンもお勧めなのは間違い有りませんけどね。

瑞々しさと食感にはある秘密が!

営業時間のお知らせです