七峯の丘から

本日雑感、でも網戸 [令和1年8月9日]
 長崎も74回目の原爆忌を迎えました。亡くなられた方のご冥福と後遺症と共に過ごされている方々にお見舞いを申し上げます。
 アメリカ軍による原爆投下についてはいくつかの候補地があり、長崎の順位は低かったそうです。
 計画では現北九州市の小倉あたりが投下地となっていたのが、小倉の天気が重い曇天で視界が悪く急遽長崎に変更になったとか。
 結構有名な話ですが、これを聞いた長崎、そして小倉の人はどう思われたのでしょうね。
 二度と核兵器が使われない事をただ願うばかりです。
 今日の宮司はいろんな来客の対応に追われる一日と成りました。
 元々アポイントを取っていたものや急遽の来客など、あっという間に夕刻となり、七峯を書きながら今日一日の出来事を整理している最中です。
 主だっては七五三とお正月に関しての広告掲載の打ち合わせ。そしてテレビ東京「朝の散歩道」の収録立合い。
 テレ東については当初宮司が出演する予定でしたが丁度社頭対応で智勇権禰宜がおりましたので、案内人の鈴木拓さんとの相手をさせまして、宮司は奥でその様子を見ておりました・笑
 番組の放送日程が決まりましたらご案内しますね。
 さて、午後5時も近くなりそろそろ社務終了に取り掛かろうかと言うときにまた来客。
 智勇権禰宜から手渡された名刺には「東京大学」の文字と校章の銀杏の葉が。
 普段あまりお付き合いの無いところなので、なんだろうと思いつつご挨拶に出ると、印旛地域の地震について過去と現在の揺れの違いなどを調べているそうで、境内への地震計設置の依頼でした。
 詳しく書くと結構長くなりますので、内容は設置予定日の9月下旬にアップすることにしますね。
 そうそう、宮司宅で今日一番重要な件は玄関に網戸が設置されたこと。
 施工は地元の幸田建窓。社長は元鏑木青年会赤襷の幸田和巳さんでございます。熱い中の作業、お疲れ様でした。
 これで玄関を開けてても生き狛犬達が飛び出す心配が無くなりました!

今日も頑張る幸田建窓