七峯の丘から

印旛神青納涼会 [令和1年8月13日]
 立秋を過ぎたせいか少しく夕方の風が涼やかに感じるようになりました。
 でもまだまだ暑いのは変わりませんね。熱中症には十分注意。水分とミネラル分の補給を気にかけましょう。
 そんな夕刻の風に吹かれて昨日は智勇権禰宜と共に成田まで出掛けて参りました。
 佐倉からだとJR線か京成線となりましが、本数は断然京成の方が多く、神社から駅までも京成の方が3分ほど近いのです。
 さて、向かった先は神社庁印旛支部の青年会である印旛神青会の納涼会。本来は禰宜も参加する予定でしたが、直前になりお腹が痛〜いと言い出して生き狛犬達と共にお留守番となってしまいました。
 今回の納涼会はこの3月で親会の千葉県神道青年会を卒業した宮司と印西市船尾の宗像神社宮司である船穗正幸さんの卒業祝いも兼ねてだそうで、後輩達に気をつかわせてしまいました。
 今回は12名が参加。気の置けないもの同士、いつもながらにわいわい楽しくやって来ました。
 今年度は千葉県神道青年会の創立70周年という記念の年。記念事業や式典もあり現役世代はのその準備に勤しんでおります。
 一杯やりながら、その進捗状況や相談事なども良い肴。
 卒業の両人は親会の会長もさせていただき、その際には周年式典なども経験しましたので、相談事には何かと便利なのです・笑
 親会は卒業しましたが印旛神青の方はオブザーバーという酒肴料係になりますので、これからも声が掛かるそうです・大笑