七峯の丘から

配送の途中に缶コーヒー [令和2年11月30日]
 日中に比べて朝夕の気温の低さに首筋が少し重くなる宮司でございます。
 思い返すと2年前、外祭に向かう途中の富里市内で貰い事故にあい九死に一生を得たのですが、西川整形外科の先生方や当時のかぶらぎ整骨院の横川先生にお世話になり無事に復帰したのであります。
 本格的な迎春準備に入る時季で職員には多大な迷惑を掛けましたが、麻賀多様の御神威を頂き今日があります。
 完治ということで2年経ちましたが、やはり少しガタが来ているようで、少しメンテナンスをしなければなりませんね。
 さて、智勇権禰宜が奉製する年神様も兼務地域分は組み上がり、今日は四街道方面に配送しました。
 途中、総代さんから頂いた缶コーヒーで小休憩を取りつつ、動態地図で家の確認をしながらの配送作業。
 先日の内郷地区と同じく皆さん「待ってたよ!」と声を掛けて頂き、それだけでも首筋の重さも消えるほどありがたい一言なのです。
 明日は師走の月次祭と地鎮祭を2件奉仕してから配送の仕舞いとして酒々井町方面を回ります。
 これでひと段落というわけでは有りませんが、一つ一つ丁寧に準備と実行を重ねて来る令和3年正月を迎えたく思います。

コーヒーブレイク