七峯の丘から

「結びのまが玉」奉製中 [令和3年1月13日]
 今日にでも栃木・愛知・岐阜・京都・大阪・兵庫・福岡の7府県が緊急事態再宣言に追加指定される見通しとなりました。
 これを聞いたとき、栃木県がなぜ?と言う感覚だったのですが、罹患者の数だけではなく人口比を見ると医療現場がとても持たないという事で知事からの要請があったようです。
 人口が多いところは当然医療体制も規模が大きくなりましから、栃木県知事の要請判断は妥当かと。
 さて、今日もゆっくりとした初詣シーンが続いている当社。参拝者の方々、示し合わせたかのように時間差で来社され、社頭が密になる事も無く1日を終わろうとしております。
 当社でお出ししている御守「結びのまが玉」ですが、正月3日の段階で全て頒布し現在は在庫切れの状態となっております。
 この御守は包み紙に12種類の勾玉が1つ入っており、その勾玉の石の種類によって麻賀多様からの御神威(お力とアドバイス)が頂けるというもの。
 毎年多くの方が受けられる御守なのですが、先行きの不透明感からか今年は正月早々に例年より多くの方が受けられたのです。
 この七峯のトップページ「お知らせ」にも記しましたが、2月10日を目処として再頒布が出来るよう鋭意奉製を行なっております。
 なので、今暫くお待ちを頂きますよう、重ねてお願い致します。
 さて話は戻りますが、緊急事態再宣言を受けてJR東日本が関東の大手私鉄はこの20日より最終列車の繰り上げを行なうと発表しました。
 普段の生活にも直接関わる方も多いかと思いますので、小まめな情報収集を心掛けたいですね。