七峯の丘から

今年の新嘗祭 [令和3年11月23日]


 只今、午後5時少し前。先程、城麻賀多神社の新嘗祭から帰社しました。
 今日は新嘗祭の日。勤労感謝の日とは先の大戦後に占領軍であるGHQから強制的に名称変更させられた屈辱的なもの。
 そもそも、働く者が労働に感謝するって変だと思いません?意味不明なわけです。
 新嘗祭とはその年に収穫された新穀を神前に供え、五穀豊穣への感謝とお供えした物を神と共に食する神事です。
 現憲法下では新嘗祭への名称復旧は厳しいですが、本義を知ることはとても大事ですね。
 古来、霜月の二の卯の日に齋行されていた新嘗祭ですが、明治5年末の改暦より現行の11月23日に固定されました。
 本暦(旧暦)では11月13〜24日にあたり、現在では1ヶ月ほど後になります。
 新穀感謝と五穀豊穣のお祝いは秋の御例祭でも行なっておりますが、新嘗祭は国家規模で行う祭典。
 地域によって新米の収穫の時期も違ってくるので、ある程度時間をとってからの日程にしたものと思われます。

 また、新米を白酒・黒酒に醸して供えることから、醸造の時間も加味したのでしょう。
 今日は当社と兼務の城麻賀多神社にて新嘗祭を奉仕しました。
 当社では氏子さんからの奉納米に合せて明治天皇の大嘗祭(※1)に主基国に指定された安房国長狭郡北小町(現・鴨川市北小町)産の新米もお供えしました。
 今夜半からは宮中の神嘉殿において天皇陛下の親祭により新嘗祭夕の儀と暁の儀が齋行されます。
 暖房も無く照明は菜種油の灯火のみ。板の間に正座されて奉仕する陛下。その傍らには皇嗣で有る秋篠宮親王殿下が伺候されます。
 天皇と諸外国の王との違いは祭祀と農耕王である天皇と、権威で君臨する王です。
 天下国家と国民のために常に祈られる天皇陛下を頂ける日本は有り難い以外の何ものでもありません。