七峯の丘から

大手通の水道管工事 [令和4年8月2日]

神社正面
 昨日も記しましたが、宮司の誕生日の件でSNSやLINEから沢山のお祝いのメッセージが届きまして、朝からその返信に追われました・笑
 SNSの多くは本人確認のために誕生日などの登録をしなければなりませんが、誕生日近くや当日になると、「今日は誰々さんの誕生日です」と画面に通知が来まして、それを見た方がと言うわけです。
 ひとしきり義理を欠くことがないよう、返信なり「いいね!」を付けまして、後ほどに纏めレスで再度御礼をしたいと思います。
 そんなこんなでSNSでの返信作業後に、この炎天下ではありますが神社駐車場と側道の草むしりをしまして、現在の宮司は七峯を書きながらクールダウン中。
 社務所に聞こえてくるのは例の如く蝉の大合唱と近隣で行なわれている建築現場2ヶ所からの槌の音。
 そこに先週末から加わったのが神社前を通る大手通での水道管入れ替え工事の音でございます。
 現在、佐倉市では老朽化した水道管を地震に強い管へ更新する工事を進めており、今回は「22改水補-宮小路町・城内町地先水道管耐震化工事」として、令和5年2月末頃の完成予定となっております。
 神社の前は佐倉城からの大手通。現在は大手門自体は有りませんが、その跡地が大手門後広場として昨年整備されました。
 今回の工事はその大手通のほぼ全域が工区で、500メートル以上になろうと思われます。
 工事中は片側一車線の通行となり、神社正面より、東参道から境内に入って頂いた方がより安全かと思われます。
 工期中には秋の御例祭と七五三詣、そしてお正月が入ります。
 その際の対応も佐倉市水道局との協議が必要になると思われます。
 通行止めになる際には、予め「お知らせ」やFacebookとInstagramでご案内しますね。